豊田エリアのトイレづまりとその原因について

豊田市内には愛知環状鉄道や名鉄豊田線および名鉄三河線の路線駅があり、これらの路線駅を中心に住宅地が広がっています。この3つの路線は、豊田市の南西部に集中していて中心となるのは名鉄三河線の豊田市駅や愛知環状鉄道の新豊田駅周辺です。市域の北側や南側、そして東側は山間部が広がる森林地帯で東側や南側に行くほど山深い場所になります。このような地域にも複数の集落が点在する形で存在している、これらの場所にも多くの人々が暮らしている住居が多数あるのが特徴です。

トイレづまりなどのような水周りのトラブルが起きたときにも、多少なり不便な場所でも対応可能にしている修理業者がありますが、市域の中心から車で40~50分の距離ともなると依頼して直ぐに対応といったことが難しいケースは少なくありません。仮に、トイレづまりが夕方以降に発生した場合、依頼してから来て貰うのに1時間以上かかることもある、営業時間外などの理由から翌営業日に対応となるケースも決してゼロとはいい切れません。タンクから便器に流れ続けるような水漏れなら止水栓を閉じるなどの応急処置は可能ではありますが、トイレづまりともなると緊急度も高く一刻も早く直して欲しいと考える人は多いといえます。ただ、専門業者でなければ直せないトイレづまりもあるものの、自分で修理が直せるケースもあります。

問題は、何故つまりが生じているのかを把握できるか否か、携帯電話を落として詰まってしまった場合はそれを取り除けば解決はできることはわかる、しかし自然に起きたものは何故詰まったのかがわからないケースも多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *