豊田市の北部の町でのトイレづまりの予防について

愛知県豊田市は県域の北部に位置する市で、北側は岐阜県と隣接するエリアであり山間部が広がる場所です。その中でも北部にある大蔵連町は、国道419号や国道354号などの道路を使い豊田市の中心部へのアクセスといった環境を持つ場所、周辺には大きなゴルフ場や工場などがあるものの小さな規模の集落が点在している地域です。市域の中心部でもある豊田市駅から国道340号・355号・485号・486号・419号を経由して車で約50分のアクセス、同じ豊田市でも自然が豊富に残る場所が大蔵連町です。このような地域にも住宅が多数ありますし、ゴルフ場や工場などもある、これらの住居および各施設にはトイレの設備もあるなどからも、トイレづまりのトラブルが起きたとしても修理業者が対応してくれる場所といえましょう。

住居の場合はトイレづまりに注意しながら利用する人は多いのですが、ゴルフ場ともなるとゴルフ客が利用する、施設のトイレなので家とは違った感覚で使う人も決してゼロとはいい切れません。トイレづまりは異物を流したときだけでなく、大量のトイレットペーパーを流しても発生するケースがあります。仮に、お客さんがトイレットペーパーをたくさん使って流してしまうなどもあり得るわけです。どのくらいの量を流すとトイレづまりが発生するのか、これは目安となるものはありませんが、便器内の排水路をつねにきれいに維持しておけばトイレづまりのリスクを引き下げることができます。

豊田のトイレづまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *