お風呂リフォーム業者選び

お風呂リフォームは必ず必要というわけではありませんが、お風呂が壊れた時にはお風呂リフォームをするのが普通かもしれません。費用については60万円から200万円ぐらいまで大きく差が開いていますが、平均的には90万円ぐらいです。お風呂リフォームをする時に気を付けなければならないことは、業者を選ぶことです。中には悪質業者と言われる業者がいるからです。

悪質業者が増えた理由は、好景気だった頃に比べると仕事が少なくなっているからです。ただ、不景気であっても、良い業者は他社に負けないより良いサービスを提供することに力をいれますので、必ずしも景気だけのせいではありませんが。悪質な業者は、訪問営業を得意としています。ただし、前もって書いておきますと、訪問営業をする業者が必ずしも悪いとは限りません。

過去の例から言って訪問営業が多かったと言うだけです。訪問営業をする悪質業者は一人暮らしの老人宅を訪れて、老人と打ち解けます。何度か訪問するうちに老人も心を開き、業者のことを信頼するようになるのです。ある程度信頼すると、お風呂をリフォームしたほうがいいということを告げます。

この時親身になって話してくれているので老人も業者のことを信頼して契約をしてしまいます。このような手法がすべてではありませんが、悪質業者の間では割とよくある方法の一つになっています。もし、身近に一人暮らしの老人がいる場合には何かと注意をするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *