お風呂リフォームをやりたい

現在住んでいるお宅のお風呂に不満がある方は多いと思います。「風呂釜が狭くてゆったりくつろげない」「冬に脱衣所が寒すぎる」「カビが落ちない」等、挙げていったらきりがありません。またお爺ちゃんやお祖母ちゃんが居るご家庭では、お風呂が危険で不安になる事が多いと思います。床が濡れていて滑ったり、浴そうに入る時に掴むところが無く危険だったり、また冬のお風呂は脱衣所や浴室とお湯の温度差で体に負担をかけます。

お風呂でリラックスしたい自分の為に、安全にお風呂に入って欲しい家族の為に、思い切ってお風呂リフォームを考えては如何でしょうか。そこでお風呂リフォームについての注意点やポイントをまとめたいと思います。まず初めにどのサイズのユニットバスが入るのか確認するために、現在の浴室のサイズを把握しておきましょう。どんな浴室、浴そうがあるのかショールームやホームページ等を見て家族の要望をまとめておくのも良いですね。

次にどんな最新の浴室、浴そうでも汚れる物なので、お手入れのしやすさを確認します。カビの発生がしにくい素材を使用した物や水滴が残りにくく工夫された物、自動洗浄機能付きなど最近のシステムバスは様々な機能が搭載しているものがあります。また最も重要と言えるものが安全性です。出入口の段差や手すりが付いているか、また温度差が原因のヒートショックを起こさない為の浴室暖房などがあります。

ここは必ず確認するのをおすすめします。最後にリラックスするためのこだわりです。浴室にテレビをつけたり、また今では打たせ湯や肩湯なんてものもあります。毎日の疲れを癒やす空間なので、心地の良い空間を創るようにお風呂リフォームをしたい所です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *