春日井市民はトイレのつまりを自分で直す

春日井市にはトイレの修理が出来る業者が極めて少ないため、ご自身でトイレのつまりを直す人が非常に多いのが現状です。

しかし、一見すると難しいように感じますが、つまりの原因が判明すると意外と簡単に素人でも直すことが可能です。一般的にトイレのつまりを取るために使われている道具がラバーカップですが、ラバーカップには大きく分けて3種類あります。底が平らになっているのが、和式・排水路用で、底が出っ張っているのが、洋式用で底にツバが付いているのが、排水路が複雑な形をしている場合に使用します。

ラバーカップを使用する場合には便器内の水が多い場合に使用すると水が溢れだす可能性があるため、灯油ポンプなどを使用して予め、トイレの水を少なくする必要がありますが、逆に便器内の水が少なすぎるとラバーカップの効果が出なくなります。ラバーカップは、正しく使用しないと効果が低いために正しい知識を身に付けましょう。ラバーカップを使用する時には、排水路に強く押し付けてから引っ張ります。この時にバケツで水をゆっくりと便器の中に流し込みます。

これによって、排水路の異物が取れた場合に水が綺麗に流れてくれます。しかし、水の流れが遅い場合にはまだ、異物が取れていない可能性があるため、別の方法を試しましょう。ラバーカップで取れない場合には、更に強力な真空式パイプクリーナーを使用することをオススメします。パイプクリーナーには様々な大きさがあるために、トイレ用のものを選ぶ必要があり、価格は、ホームセンターでは、2000円前後で販売されています。春日井市民には必要不可欠な知識ですが、春日井市以外の人もこの方法を知っておくと非常に便利でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *