わからないことは葬儀会社の担当の相談することが可能

葬儀会社によって執り行うことができる形式があります。

たとえば、直葬、一日葬、家族葬、そして一般葬です。どの形式の葬儀を行うのか、というのは遺族が決めることになるのですが、はじめて喪主を行うという人はわからないことや知らないことがある、という場合もあります。そのようなときは、葬儀会社の担当の方に相談をしてみるといいです。担当の方には、あらかじめ必要なものや費用などについて相談することができます。

相談をしておくことで、いざというときに慌てないですむのでいいということです。直葬は亡くなったところからそのまま火葬場へご遺体を搬送して、火葬を行うというものです。後日改めてお葬式を行うという場合は直葬を選ぶ遺族が多いといいます。静かに故人を見送りたい、という遺族に選ばれることも多いです。一日葬はその言葉通り一日でお葬式を執り行うというものです。この一日葬は亡くなってから一日でお葬式を行うというものではなく、あくまでも葬儀を一日だけで執り行ってしまうというものであり、亡くなってから日数が多少あいていても一日葬を行うということが可能です。

家族葬もそのままの意味で、故人の遺族のみでお葬式を執り行うことができるということです。遺族と親しい人だけで故人を静かにゆっくりと最期の時間を過ごすことができます。一般葬は参列したことがある人もいますが、家族葬などはごく限られた人だけに参列してもらえるので故人を思い出してゆっくりと過ごすことができるのがいいということで人気があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *