葬儀費用に関する考察

冠婚葬祭で重要視されるのは、結婚式と言えるでしょう。

半年もしくは一年前から結婚式の段取りを決め、ブライダルプランナーに何度も相談します。最近ではデフレ経済のあおりで、地味婚やスマート婚に人気があります。それは非常が従来のものより格安で半分以下に抑えることができるためです。しかし冠婚葬祭の葬儀に関しては余り事前に段取りを決める人が少ない傾向にあります。

それは誰もが避けたいと潜在的に思っているセレモニーであるからです。しかし、自分の葬儀を避けることはできません。それは誰しも平等に死を迎え、葬式をする必要があるからです。葬式で検討しなければいけないのがその費用です。

一般葬であると100万円以上するのが相場であり、急場合にすぐに葬儀費用を捻出できない人も少なくありません。そのため自分の最期の瞬間を想定し、あらかじめ葬儀費用を確保しておく必要があります。しかし収入も少なく、100万円前後のお金を葬式代として確保できない場合は、あらかじめ葬儀社などに相談することが大事です。

経済状況に応じて家族葬や直葬と言った一般葬よりも格安の葬式のプランを提案してくれます。家族葬は親や兄弟と言った近親者だけで執り行う葬式であるために、会場の規模も小さくて済み、返礼品、食事などのコストがカットできます。また直送であると会場を抑える必要がないので非常に安く費用を抑えることができます。直葬は火葬場で略式の形式でするためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *