葬儀の費用はセット料金以外にも必要です

高齢者の人口が、増加していくのが予想される今の時代には葬儀関連の会社も増加しています。

昔ながらの葬儀会社だけでなく、新規に違う業種から立ち上げているところも珍しくありません。確かに、これだけ高齢化が進むとその最後の儀式として需要は多くあるのがわかります。人間は、誰でも最後は死ぬということです。その最後の儀式として葬儀は欠かすことができません。色々な業種からの参入で、費用も昔と比べる様々なプランがあり選択肢が広くなっています。

また、時代の流れから通夜や告別式を不要と考える人も意外と増えています。そのために、費用を安くしたいと考えるなら火葬式という、火葬のみを執り行うシンプルなものなら20万くらいで全てができます。最近主流なのは、家族葬になりますがこちらも従来の葬儀と比べると費用は約半分くらいですることができます。ただ、よく勘違いをするのがプランの中には全て含まれそれを支払うだけでいいと思うことです。

確かにセットプランには色々なものが含まれていますがその料金だけでは全てを賄うことはできません。昔から、言われるのは食事代や火葬代などの雑費を含めるとセットプランの2倍必要と言うことです。セットプランが、仮に50万円なら葬儀会社に支払うのは約100万円弱ということです。それらを、予め理解した上でセットプランを選ぶと支払いのときに慌てることはありません。雑費が意外と、高額になることを知っておくことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *