葬儀にかかる費用はどのくらい?

普段あまり機会のない事ですが、しかし確実に参加する機会が訪れる「葬儀」。

弔問で訪れる場合はともかく、自分自身が喪主となる場合、その費用はやはり気になるところではあります。故人のとの別れ、特に近親者であれば、その思いも格段の思いがあるはずです。こと葬儀に至っては、心おきなく送り出してあげたいと思うのが心情であることは、だれしもが思うところであります。ただ、その葬儀に関しては一体どのくらいかかるのか、残された人々にとっても今後の生活があるわけで、その当たりは現実問題として重要な部分です。

これは葬儀の規模にも寄りますが、例えば故人が高齢者で身内だけで儀式を行う場合は総額20万位からおこなうことができます。弔問者の数が大きくなり、規模が大きくなると費用は比例して大きくなりますが、香典の費用等も合わせるとそれ相応の金額で収まるということが多いです。

葬儀にかかる代金の全国平均額が126万円と言われておりますが、それはあくまで平均額であり、私自身としてはそのような平均額よりも、残された人々が故人に対してどのような想いを持って送り出すかが大事であると思うので、額はひとまず置いておいて、可能な範囲で心から故人を送りだしてやることが重要なのではないかと考えます。

お金を出して故人を弔うのもすごく大事です。ただ、それだけではなく、掛ける金額は少なくても、結局一番大事なのは、あの世へ送り出す心だということです。ですので金額にこだわり過ぎずに、可能な範囲で故人に想いを寄せながら思案して決定するのが最良だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *