葬儀における費用のチェックポイントとは

葬儀を執り行うにあたっては、費用が特に重要なものとなります。

内訳としては、葬儀社への支払いとなる固定費、料理や返礼品などの変動費、お布施等の寺院への費用、式場使用や火葬料などがありますが、この場合、比較等でチェックを行うのは固定費が該当することになります。その理由としては、まず、料理や返礼金、会葬礼状といった変動費は参列者数によっても大きく異なることがあります。

次に式場使用料や火葬料は地域によって定められており、実際にかかる費用を事前に確認をすることができます。寺院関係に関しては、宗派や戒名によっても異なることになり、新たに菩提寺を探す場合には別として、既に菩提寺がある場合などでは、寺院に相談をすることで決めることになります。また、布施や僧侶の人数も地域性が高いために、概ね、同じ地域であれば相場となる金額を把握することができます。

葬儀の固定費は、内容としては同じサービスが設けられている場合を多く見ることができますが、ここでは、その料金が業者ごとに違いがあります。そのために、依頼をする前には項目も含めて比較をすることが大切なことになります。つまり、基本料金を比較することで初めて差額が判断できることになります。

業者では、コースを設けることである程度のサービス内容が含まれている商品の提供を行っていますが、この場合、送迎の距離や、ドライアイスの利用日数、また、祭壇形態やスタッフの有無などに違いがあります。比較をする場合には、必ず同条件の内容で行う必要があり、この場合、オプション価格がいくらになっているのかに関しても確認をすることが大切なことになります。
市原の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *