葬儀費用をあらかじめ用意しておく理由

冠婚葬祭を執り行うにはかなりの費用がかかります。

結婚式の場合では参列者のご祝儀が見込めて、それに合わせて予算を立てていくことになりますが、葬儀においてはそういった香典を見込んで予算を立てるということが多少難しくなります。多くの方が通夜や告別式などに参加するとはいっても、その香典を見込んで予算を立てるのは少しばかり危うさがあります。ある程度、万が一の時に備えて葬儀費用をためておくのが後々のためにも大切です。

葬儀会社によっては後払いでも大丈夫なところもあれば、予算に合わせて葬式を執り行ってもらえる会社もあるので、仮に手持ちのお金が乏しかったにしても、葬儀を円滑に進められるような段取りをとってくれます。また、健康保険の加入者には数万円の一時金がもらえるため、葬儀費用の足しに使うこともできます。このように、お金がなかったとしてもお葬式はなんとか行えるものです。

ただ、もっと盛大に送り出したかった、立派な祭壇にしたかったといった後悔が遺族の中から出てくる可能性はあります。もう1回やり直すわけにはいかないので、後悔のないようにしておくことも大事です。親族だけで密葬を行い、時期を改めてお別れの会を行うという形でやる場合もあります。大切なことは、後悔のないように故人を送り出すことです。そのためにも、形式に関わらず、お葬式に関するお金をある程度は用意しておき、何事にも対応できるようにしておくことがとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *