神道式 葬儀の流れとは

日本では仏教式の葬式が9割方行われていますが、神道で行われることもあります。

その流れはどのようなものなのでしょうか。仏教式のお通夜にあたる行事を「通夜祭」といいます。通夜祭では神職が祭祀を奏上し、故人の親族は拝礼して玉串を奉ります。そして、故人の御霊を霊璽(れいじ)という仏教でいう位牌のようなものに遷す「御魂移しの儀」が行われます。これは夜を象徴し、部屋を真っ暗にして執り行われます。翌日、葬儀・告別式にあたる「葬場祭」が行われます。

その流れは、弔辞・弔電奏読、神職が祭祀を奏上し、玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。玉串奉奠は仏教でいう焼香のようなもので、会葬者一人一人が故人とのお別れのために行うものです。そして葬儀である葬場祭の後は火葬場へと移動し、火葬炉の前で神職による祭祀奏上、遺族は玉串を奉る「火葬祭」が行われ、火葬の後は自宅へ戻ります。自宅では手水や塩で体を清めたら、お世話になって神職やお手伝いしてくれた人を招いて直会と呼ばれる宴席を設けてもてなし、これで一通りの流れは終了です。

仏教の葬儀は故人を極楽浄土へと続くあの世といわれる仏の世界へ橋渡しする行事ですが、神道の場合は故人は家に留まり、その家の守護神となってもらうための儀式です。そういった意味合いの違いがあるため、通夜祭の日には独特の「御魂移しの儀」が行われるのです。神道の葬儀の場合は数珠は使わず、御香典ではなく「御玉串料」といいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *