葬儀のプランとその流れについて

お葬式の流れといえば、まず通夜が行われ、その翌日に葬儀・告別式・火葬が行われるのが一般的です。

そして親族と友人、会社関係者など個人と関わりのあった人が参列する、このスタイルを「一般葬」と呼びます。核家族が増えて親戚付き合いが希薄となっている現代社会において、新たなスタイルのお葬式ができており、従来の一般葬以外に生活スタイルに合わせて多様なプランが選ばれています。最近、よく耳にするのが「家族葬」です。これは家族(親族)のみが参列するもので、流れとしては一般葬と同じく通夜、葬儀・告別式、火葬が行われます。

家族葬よりもシンプルなものが「一日葬」です。これは通夜を行わず、葬儀・告別式、火葬のみ行う1日だけのお葬式です。そしてさらにシンプルなものが「火葬式」です。これは火葬のみを行うもので、火葬場でお経のみあげてもらう場合と、それも行わない場合があります。家族葬は今の日本で数多く行われています。

派手に行いたくないという故人の希望や、参列する知り合いが少ないなど理由は様々ですが、参列者のお相手に追われることなくゆっくり故人を偲ぶことのできる家族葬は人気です。ただし、菩提寺がある場合には僧侶に一般葬以外でも問題がないか確認しなければなりません。1日だけ葬儀・告別式のみお願いしたい、火葬場での読経だけお願いしたい、というイレギュラーは基本的には受け入れない寺院もありますため、経緯を交えてなぜそうするのか話し合う必要がある場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *