葬儀にはいろいろな形式がある

葬儀にはいろいろな形式のものがあります。

たとえば、直葬、一日葬、家族葬、一般葬、というものがよく選択されます。直葬とは、亡くなった場所、病院などから直接、火葬場へ行き、通夜や告別式などの宗教儀式を行わずに火葬のみを行う、という形式です。この形式を選ぶ遺族の方の理由では、後日改めて葬儀を行う予定がある、社葬などを行うことになっている、費用をかけたくない、故人の意思があったから、というものがあります。

一日葬は、通常では2日間かけて行う通夜や告別式を、1日で行う形式です。ワンデーセレモニーと言われることもあり、首都圏を中心に最近は注目されている形式だといえます。この一日葬は、近年に葬祭業者により提案された新しい葬儀の形式なので、厳格な決まりごとなどはないのですが、ほとんどの場合が、通夜を省いて告別式のみを行うといいます。家族葬は、近親者を中心に、親しい人たちのみ集まって、故人との最期のお別れをする形式です。

温かみのあるイメージがする、ということで選ばれることが増えてきています。最近では、故人が生前に家族葬にしてほしい、とお願いしていることもあります。一般葬は、昔から行われてきた形式の葬儀で、遺族や親しい人だけではなく、故人と縁があった人や仕事関係で関わりがあった人などに参列していただいて、故人を見送ってもらうことができる、ということで選ばれることが多い形式です。葬儀にはいろいろなマナーや形式があるので、事前にどの形式にするのかを考えておくといいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *