葬儀の最後の別れ出棺

葬儀と告別式が終わったら、遺族や故人と親しかった人は最後の対面に移ります。

葬儀社が祭壇から棺を下ろしてくれます。頭が北を向く方向で置いて、棺の蓋を開けます。別れ花(祭壇の供花から摘んだ花)を用意して一人一人に配ってくれるので、遺族や近親者の手で遺体の周りにその花を飾ります。納棺のときに入れなかった故人の愛用品などがあれば、このときに一緒に入れてあげます。最後の対面の間、会葬者は外に出て出棺を待つ形になります。お別れが済んだら、棺の蓋を閉めて釘打ちの儀を行います。

葬儀社が半分釘を打ちこんだ釘を、頭から足のほうに順番に石で打ちこんでいく儀式です。石は三途の川にある河原の石を意味しています。故人が無事に三途の川を渡れるようにという願いが込められています。釘打ちの順番は、喪主、遺族、友人の順にそれぞれ2回ずつ軽く打ちます。ただし、最近ではこの釘打ちの儀は省略されることも多いです。葬儀社が釘を完全に打ちこんだら、棺を霊柩車に運んで出棺となります。

棺は近親者や友人などの男の人の手を借りて行うのが一般的です。自宅で行う場合は、死者の霊が戻ってこないように玄関を避けて縁側から出棺したり、故人が使っていた茶碗を割る、などの慣習を行う地方もあります。霊柩車へは遺体の足のほうからのせます。この後喪主が見送りの会葬者に挨拶をして深く一礼して一通りの流れが終わります。この後は火葬許可証を持参して、火葬場への移動となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *