家族葬なら費用を抑えて葬儀を営めます

最近、こじんまりとした葬儀を営もうとする方が増えています。

元々、葬儀を営む事は大変な気遣いと準備や次々と決めねばならぬ事に忙殺され、遺族が悲しみに暮れ、故人を偲ぶ事もできないほどです。遺族が悲しみに浸り、落ち込む事を軽減するために、むしろこうした大変な儀式になったと言う事も言われています。これも1つの考え方ですが、葬儀に大金を掛けるより、家族を中心に故人を偲びながら、思い出話などを語り合いながら送りたいと考える人が増えています。

こうした家族やごく親しい人によるこじんまりとした葬儀を家族葬と読んでいます。家族葬と言っても、参列する人は家族に限定されているものでなく、故人の親友などを含め、いわゆる身内で執り行うと言う表現に合致した小規模な葬儀を指しています。最近では、家族葬を専門とする葬儀会館や葬儀社も増えており、また従来の葬儀会館でも営む事ができる所が増えています。比較的小さな会場で営まれるため、祭壇も華美でなく、費用も一般的な葬儀よりも抑える事が可能です。

30万円前後から祭壇など葬儀に必要な一式が用意され、それに参列者の人数に応じた仕上げの会食費用や、お寺さんへのお布施を合わせた費用で安く葬儀を営む事ができるのです。身内だけなので、家族が納得すれば、お寺さんを呼ばずに、お経をテープで流して済ませる事も可能です。少子化もあり、またどんな形式であれ、故人を偲び、送る真心があればこじんまりとした家族葬の方が良いと考える方が増えており、こうした事から、家族葬は今後も益々増えるであろうと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *