家族葬の料金を左右する項目とは

家族葬は従来のお葬式に比べ、シンプルで料金的にもスマートです。

だからといって何もかも排除しているということではなく、自分たちで必要だと思うものはプラスすることが可能です。たとえば一番基本的なものが火葬とそれに纏わる運搬であったとすれば、それ以外に何を行うかで家族葬の料金は決まります。もし家族葬を行うのであれば、それに伴う人件費は基本的な料金に加わります。その上で、参列者を極力抑え、家族だけで行うとすれば、会場は小さくて済みます。

しかし食事や祭壇には希望があるとなれば、その部分が加算になります。全くしないのであれば、それは加算されません。人数がある程度増えてゆくと、手配すべき会場も変わります。人数によって食事や返礼品が変わるのはもちろんですが、人数帯で会場が変わり、料金に反映されます。そのような明確な内容で料金は変化します。後は宗派によって若干左右するぐらいですが、日本古来の一般的な宗派であればそこまで高低は見られません。ただ家族葬の難しさは、本人の意思が明らかにされていないと、どの程度の関係性のひとまで参列いただくのかなど、遺族が悩みがちです。

もし生前から家族葬を望むのであれば、漠然とした情報だけを伝えるのではなく、ちゃんと商材に渡って伝えておく、もしくはなにかしらの形で残しておくことが必要です。それについて遺族が必ず執り行わなければならない拘束力はありませんが、生前から話しあっていればそれなりに心根を汲んでもらえるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *