家族葬の料金について

家族が亡くなった時に、真っ先に行わなければならないのが、葬儀の手配です。葬儀は亡くなった人を葬ることと、遺族が亡くなったことを受け止めるために大切なものです。

葬儀は亡くなってから数時間で計画を立てなければならないため、生前にどういった葬儀を行うかを決めておくことも重要です。葬儀社では、生前に無料で見積もりをしてくれるところもあるので、気になる葬儀社をいくつか比べておきましょう。葬儀にかかる料金は、葬儀代、食事代、火葬代などを含めて、全国で平均して200万かかるといわれています。

一般葬では、安置・湯かん・通夜・葬儀・告別式と食事などを含めて90万円くらいになります。近年では、ごく身近な人や家族だけで行う「家族葬」も増えてきていて、会葬者の人数によって変わってきますが、家族葬の料金は、30万~140万程度で行うことができます。家族葬の料金は、一般葬よりも安くすむこともありますが、通夜や告別式など内容に違いはありません。

家族や友人や、身近な知人など身内だけで行うため、亡くなった人との最後の別れをゆっくりとできることからも人気となっています。家族葬を行った場合には、尋問客が自宅に訪れることもありますので、葬儀後も対応するようになります。亡くなった人へのお別れをしたいという人への配慮が欠けないように、どこまでの親族、知人を呼ぶかや、香典・供花の受け取りをするかなどを決めておくことも重要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *