家族葬の一般的な料金は

従来型の葬儀の場合、どの程度の規模であ行うのかによってかなり差が出るものの、全国的な平均値は236万円と言われています。

大体遺族に迷惑を掛けないために残しておきたいお金はというと、「300万円以上」とされていますので、理にかなっている数字でしょう。しかし果たしてそこまでのお金をかけて葬儀をしてもらうべきなのか、それは自分自身を考えた時に疑問視する声も高まっています。「そこまで参列いただく必要はない」と考えることもあるでしょう。そこで家族葬が支持されるようになってきました。

家族葬といっても普通の葬儀がそうであるのと同様に、様々なニーズに応えられるようになっています。強いて言えば従来型がある程度のひな形の中から不必要なものを削ったり、ランクダウンさせたりして料金を予算に収束させてゆく作業なのに対し、家族葬は「オプション設定してゆく」といった方向性が色濃くなります。基本形はあくまでもシンプルです。ですから家族が多い人でも、また友人までは参列いただきたいという場合でも、対応することが可能です。基本料金の価格帯はおおよそのところ35万円前後が多くなっています。

それがつやを行い、ある程度すべきことはするといった料金ですが、最低ラインではありません。もっとシンプルなものもあります。とはいえある程度にことはして家族で見送りたいという場合には、この程度が順当であろうといった金額です。もうちょっと人が多くなりそうだというのであれば、オプションで対応します。地方によって料金の違いがあるようですので、自分の住んでいる地域の相場は調べておくべきでしょう。
千葉の家族葬のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *