必要な葬儀オプションを選ぶコツ

葬儀社は、様々な葬儀プランやオプションを用意しています。

式を行うのに必要なもの、サービスをセットにしたプランがあらかじめ用意されていて、さらに遺族の希望に応じてオプションをつけられるようになっています。ただし、最近ではわかりにくい説明をしておいて、遺族が欲しいと思っていなかったオプションを勝手につけてしまう業者もいます。最初の見積書では200万円以内だったのに、終わってみたら300万円以上要求されたなどというトラブルもあります。

不必要なオプションを勧められたり、勝手につけられないように、本当に必要なものを選ぶための知識が必要です。最低限必要になるのは、ご遺体の搬送費用、ご遺体の安置費用、斎場利用料、火葬料、葬儀に必要な物品一式、です。プランによっては火葬だけですませて、斎場は利用しないこともあります。オプションには、湯灌、エンバーミング、案内看板、受付用具、テント、などがあります。湯灌はご遺体を綺麗にしてもらうことで、5万円~10万円くらいが相場です。

病院では搬送前に綺麗にしてもらえるので、それ以上に綺麗にしてあげたい時に利用すると良いでしょう。エンバーミングは、長期間のご遺体の安置、損傷が激しい場合に利用するのが一般的です。だいたい15万円ほどかかります。案内看板は1枚当たり3千円~2万円、受付用具は5千円ほどかかります。外で受付を行う場合などは、テントが便利です。テントは3万円ほどかかります。オプションが必要かどうかよく考えて決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *