家族葬のそれぞれの料金について

家族葬とは、近親者だけで、葬儀を行い、近親者以外の儀礼的社交的弔問客の参列を拒否するお葬式の事を言います。

お葬式の費用は、直葬火葬にした場合でも必ず必要なもの、例えば、病院から葬儀場へを運ぶ遺体を運ぶ寝台車料金、棺代、火葬料金、ドライアイス代、と家族葬の場合の祭壇、遺影代、受付や運営スタッフと参列者に対するおかえしや食事代に分かれます。直葬火葬の料金は、オプションなしで20万円弱かかります。

火葬場に宗教者(仏式の場合は、僧侶)に来てもらえばその費用はかかりますし、火葬中に食事をすればその費用も加算されます。あと、祭壇などの費用を加えて葬儀社に支払う費用は、全体で50万円前後と言われています。家族葬といっても家族の多い人もいますし、友人知人を含めて会葬者の多い場合少ない場合で、規模もいろいろあり、食事代などを含めると100万円を超える費用がかかる場合もあります。さらに仏式の場合は僧侶ですが、お布施が必要ですし、通夜を行えば、僧侶にお経を上げてもらう回数も多くなりますし、1回のお経で、最低75000円と言われています。

お通夜も含めて20万円から30万円くらいのお布施が必要な事もあります。さらに戒名もいただくと、その種類によっては、50万円を超える場合もあります。家族葬と言っても、それぞれの考え方があり、お葬式の場合何に費用をかけるのか、予めプランを考えておくと、故人に対しても、自分自身にも納得のゆく葬儀が出るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *